vado in giro

カテゴリ:旅行( 32 )




北京

ipod touch で パチリ
b0140724_4281741.jpg


b0140724_4281717.jpg

[PR]



by misacotravel | 2011-09-24 04:26 | 旅行

ヴェネチア・ミラノ 世界遺産アクイレイア その3

b0140724_10511950.jpg

アクレイアへの日帰り観光。

宿泊先だったMestre からイタリア国鉄でCervignano A.G.駅まで行き、そこからバスに乗りアクレイアへ

b0140724_104458.jpg


いいお天気で、バスの車窓からの眺めも最高でした。
b0140724_10493110.jpg


b0140724_1053068.jpg


b0140724_10525587.jpg

b0140724_10534868.jpg

b0140724_10535493.jpg

b0140724_10535760.jpg

b0140724_1054171.jpg

b0140724_10552127.jpg

b0140724_10552525.jpg

b0140724_10552999.jpg

[PR]



by misacotravel | 2011-06-25 10:50 | 旅行

ヴェネチア・ミラノ 世界遺産アクイレイア とりあえずその2

いったい前回からどれだけの日数が経ってしまったのか数えるのも怖いです。
そしてその間、このブログやめちゃおうかな~と何百回も思ったのも事実なんですが、
アクレイアの写真をアップするまでは自分の中で区切りが付かない気がして。
必要に迫られて他の方のイタリア情報なんかを探すときに、
案外「公式じゃない写真」って使えるな、とかとか。
記録として残しておいても悪くはないよねー、みたいな開き直りで、きっと年2回くらいの割合で更新するような気がします。

とは言え、今年の1月にはイタリアへ行かなかったので、なんだか長い間イタリアへ行ってない感じがします。
こうなるともうイタリアが恋しい。
早く行きたい行きたい。あの適当な、大多数が詐欺師みたいな大らかさの空気が私を呼ぶ~~!

b0140724_17321011.jpg

前回の続きのヴェネチア。案外この写真を気に入ってるみたいです。

これはゴンドラ乗り場。ちょいとシャレオツ。
b0140724_17324197.jpg


サンマルコ広場にある鐘楼が登れるようになっておりまして、感動しつつテッペンまで昇った写真2枚です。
b0140724_17331891.jpg

b0140724_17343633.jpg


カナルグランデの夕景。もうだいぶ日が落ちてて、夜景ワークショップを思い出しながら必死に撮影。
b0140724_17355898.jpg


こちらは完全に夜景でした。
b0140724_17361854.jpg


ヴェネチアは夜景が殊更美しく、その上食事も美味しいので、また来たくなる都市です。
でも物価も高いけどねん。

こうやってアップしてしまえばなんという面倒もないのですが、
アップする前が面倒だと思ってグズグズしてしまう性格です。

次回こそは本当にアクレイアへ。誰か「世界遺産 アクレイア」で検索してくれる人いるでしょうか。
その人のために、次回がんばる。
[PR]



by misacotravel | 2011-06-16 17:39 | 旅行

ヴェネチア・ミラノ 世界遺産アクイレイア とりあえずその1

先月のイタリア出張&自分の休暇プラスでヴェネチアとミラノへ。
なんか今回はあんまりイタリア語を話さず、いえ話せず、帰国してからパレルモ出身のイタリア語の先生に
「もったいない!」と何回も言われてしまいました。なんだろう、スランプ?
b0140724_1640967.jpg


ま、景色がきれいだったから良いかーー。
b0140724_165926100.jpg



世界遺産のアクイレイアにも行ってきましたが、これはまた次回の更新に任せたいと思います。

今回のヴェネチア大ポイントは二つ。
アクアアルタ(ヴェネチアの高潮)に初めて遭遇したのと、ベネチア映画祭のリド島へ行ったこと。
b0140724_17302137.jpg

b0140724_17303035.jpg

b0140724_17303635.jpg

みんな笑っちゃって、靴を手に持って素足で歩く人、長靴かビーサンを持ってきていた人、私のように水のない所を必死で歩く人(大多数)に分かれます。
こんな風に↓余裕の人もいますが・・・。
b0140724_17304375.jpg


ベネチア映画祭の会場のあるリド島ですが、映画祭会場内までは勝手に入れて、敷地内に特設されたお土産屋さんなどで買い物を出来ます。時間が合えば日本映画を見て帰りたかったのですが、何時からどこで何をやるというような看板はなく、事前にネットで調べておけば良かったと反省。実は敷地内に入れるということも現地に行って初めて分ったので、最初は映画祭会場の周りをうろうろするだけのつもりだったんです。自分としては儲けモン的気分だったのでした。
b0140724_1745161.jpg

b0140724_17532789.jpg


リド島って、もっと大きく華やかなイメージだったのですが、案外ひっそりとしてました。
ビーチもプライベートのものばかりで、天候のせいもあってかひっそり感が数割増し。
予想以上に寒くて、持っていった服では間に合わず、イタリア版ユニクロみたいなお店でセーターやらカットソーを買い込みました。わざわざリド島で服を買うのもなんだけど、ベネチア本島より買い物しやすかったかも。
リド島より本島を臨む景色も素敵でした。はぁ~、ため息が出る。
b0140724_18114838.jpg


では、今日はこの辺で。次回へ続きます。       のはず。
[PR]



by misacotravel | 2010-10-20 18:19 | 旅行

パルマ~モデナ

b0140724_1759584.jpg


これは今年1月のパルマとモデナへ行った時の写真です。
もう半年も前の事になるんですねぇ…。

パルマといえば食の街で、前回は中田がパルマに所属していた頃に試合を見に来たのですが、何の気なしに入った簡素な店でも非常にレベルが高くて驚いたものです。
前回はミラノから日帰りだったので、今回は宿泊してモデナへも足を延ばしてみました。

まずはパルマの大聖堂と洗礼堂。大聖堂は残念ながら鐘楼が改修中でしたので、写真は洗礼堂だけ。
b0140724_1811315.jpg

そして洗礼堂の内部。
b0140724_18114575.jpg

ドゥオモの中にはコレッジョの聖母被昇天もあったのですが、見れず。
写真がなくて恐縮ですが、サンジョバンニエバンジェリスタ教会へはキリストの昇天を見に行きました。
すでに夕方で暗かったので、別に見れなくても良いよ諦めるよ的な気分で中にいたところ、
教会関係者らしき方から、1ユーロ入れたら灯りが付くよと教えてもらって、しばらく眺めることができました。

翌日は国鉄でモデナへ。
パルマの駅は改修中で、こんな感じ。
b0140724_18232792.jpg

モデナの街並み
b0140724_18265319.jpg

こちらはモデナのドゥオモと市庁舎です。
b0140724_18341951.jpg

いつも思うのですが、建物を上手く撮れるコツってどうすれば良いのでしょうか。難しい。

この日中は晴れていたのですが、夕方になるにつれて気配があやしくなり、濃霧に。
夜、食事を終えてホテルに戻った頃にはすっかり雪模様となっていました。
b0140724_173527.jpg


翌朝、朝食後にホテルの裏にある公園を散歩してみました。すっかり雪景色。
b0140724_184411.jpg

b0140724_18375568.jpg

b0140724_1838925.jpg

b0140724_1838305.jpg

b0140724_18384830.jpg

今見ると雪景色が案外涼感を誘ってくれて、夏にブログアップするのもそう悪いものじゃなかったり(汗)
[PR]



by misacotravel | 2010-07-04 22:30 | 旅行

ボローニャ

ボローニャと言えば、
1.ヨーロッパ最古の大学の街
2.モーター産業が盛んでドゥカティやランボルギーニ発祥の地である
3.ポルティコと呼ばれる屋根付柱廊(アーケードみたいなもの)が美しい
4.美食
などなど、案外見どころ満載な土地であります。

ウーゴバッシという市場が有名で、ちょいと覗いてみたところ、お魚さんも売られてました。
b0140724_551027.jpg

ここだったら生きていける!と、真面目に考えた一瞬。



このすぐそばに、一番の観光名所であるマッジョーレ広場があります。
手前にはネットゥーノ広場があり、ボローニャのシンボルであるネットゥーノ(ネプチューン)の噴水があります。
b0140724_5553197.jpg

b0140724_5555662.jpg


ネットゥーノさんには申し訳ないが、私が惹かれたのは彼の足もとにいるこのご婦人。なんとも豪快。
b0140724_5581097.jpg



下の写真はサン・ペトロニオ聖堂。ちょっと分かりづらくて申し訳ないのですが、この教会のファサード変じゃありませんか? 撮ってるとき思わず修復中だと思って下半分をパッキリ切って撮ってしまったのですが、修復などではなく、もともと未完なのです。途中で資金難になって、大理石が半分しか貼れなかったそうです。
b0140724_643453.jpg

事前に調べていたのに、いざって時にきれいさっぱり忘れ、全体を撮らなかった自分の愚かさに泣けます。
外観は未完のくせして、中はやたらめったら立派で腰を抜かしそうになりました。
ここは入場の際に珍しく鞄の中身をチェックされました。本来撮影禁止だったのか、面倒を避けるためにだったかは忘れてしまいましたが、中の写真を撮っておりません。



こちらはボローニャにもある斜塔です。近くで見ると本当にボロい。
b0140724_620828.jpg



次はボローニャ大学(旧)の建物です。現在の大学はご近所に。
b0140724_6245343.jpg


下町の雰囲気を残す界隈。
b0140724_6313220.jpg

b0140724_6295446.jpg

b0140724_631889.jpg



サント・ステファノ教会群。
b0140724_633519.jpg

ポルティコがあると、ちょっと寂しげな通りもロマンティックに感じられます。
b0140724_6405731.jpg



最後に、屋根の装飾をご覧ください。エンツォ王の宮殿なのですが…。
b0140724_6422071.jpg

この燕尾型の装飾は、教皇派と皇帝派の争いの時に、教皇派であることを示すものだそうです。
ボローニャは教皇派の都市でしたもんね。
他のスナップを見てみると、何気なく撮った建物にもこの形のものが屋根部分についてました。
歴史をひしひしと感じてしまいます。
[PR]



by misacotravel | 2009-09-26 06:55 | 旅行

ラヴェンナのモザイク美術

6世紀に建てられた教会なんて聞くと、どんなにボロボロなモザイクなのかと思っていたのに、目の前に現れたのは鮮やかな色彩。


b0140724_0524585.jpg

サン・ヴィターレ教会。


同じ教会内に建つガッラ・プラチーディアの廟。どちらも外観はシンプルなのに、中身がゴージャス。
b0140724_0555671.jpg





これはサンタポッリナーレ・ヌオーヴォ聖堂。
b0140724_103637.jpg

「貢物を手にした26人の殉教者がテオドリック王の宮殿からキリストのもとに向かう図」の一番右側部分です。奥までびっしりきちんと26人が整列してキリストのもとに向かっているモザイクです。反対側は東方三賢王と22人の聖女達が聖母子に貢物を捧げる図があります。自分が教会内部にいると、両側に行進している人たちがいるので不思議な気分になります。


街にはモザイクで出来た表札もあって、モザイク文化が今も流れていました。
b0140724_135716.jpg


ついでにダンテのお墓。かの神曲はこのラヴェンナで書かれたそう。
b0140724_163631.jpg



バスに乗ってサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂へ。
b0140724_1104984.jpg

キリストと12使途を表す羊。緑色に羊というのが、なんか可愛らしくて見飽きないです。


この教会のあるバス停付近はこんな感じ。
バス停と教会以外、何もない道。
b0140724_1123855.jpg

b0140724_1125384.jpg

[PR]



by misacotravel | 2009-09-21 01:14 | 旅行

Bolognaの旅 食事編

ボローニャはボローニャハムやボロネーゼスパゲティなど、美味しいものがたくさん。

まずは適当に入った店でパン代わりに頼んだ素焼きのピザ。ローズマリーの風味だけで、何も乗っかっていないものです。
b0140724_218948.jpg


この店では他にもお約束のボロネーゼを頼んだりしたのですが、どうも印象が薄くて…。


次は下高井戸にもあるTONINOのボローニャ店。
日本人だと分かるやいなや、東京のTONINOの話をしてきて、愛想の良いカメリエーレが多かったです。
ここではルッコラと生ハムのピザを注文。
b0140724_221913.jpg

そして店の壁に「真のナポリピザ」を発見。メニューには、ボローニャで初の栄誉である旨が書いてありました。
東京の店では真のナポリピザ協会に入ってないので、不思議に思っていた謎が解決。
すでにボローニャで貰っているのですね。
b0140724_222196.jpg



あとはホテルの部屋で、スーパーで買ってきた生ハムとチーズなんかでワインをちびちびやっていた日が多く、最終日、飛行機の時間までミラノを散策したときまですっ飛びます。
もう何年ぶりかで食べるルイーニのパンツェロッティ(揚げピザ)。
b0140724_231133.jpg

b0140724_2505318.jpg

相変わらずすごい行列!私が食したのは、モッツァレラチーズとトマト(いわゆるマルゲリータ)です。
他にもメニューはあるんだけど、圧倒的にこれが一番人気。1個で十分満足でした。
でもやっぱりデザートが食べたい!
この辺にGROMがあったはずなんだけどなぁ…とスカラ座の前をうろうろしてると、何組かがGROMのカップを持って食べていたので、「その店探してるんですけど・・・」とイタリア語で突撃。帰ってきた返事は英語でしたが(笑)、無事に店を見つけ出して、ピスタチオとグロムを注文。日本人観光客が多いからなのか、店員さんに日本人女性がいらっしゃいました。
b0140724_2455620.jpg

グロム前も結構並んでいたのですが、写真を撮るときはたまたま人が引けておりました。
b0140724_2473523.jpg

[PR]



by misacotravel | 2009-09-14 02:47 | 旅行

イタリアへ行ってました。

前世は流れ者だったのかなと思うほど、一つ所にじっとしているのが苦手。
どうにも息が詰まりそうになってしまい、イタリアへ行ってきました。
飛行機のチケットはマイル特典で入手し、ホテルも今まで貯めていた旅行会社のポイントを使って一泊数千円程度で泊まれたのも、行ってしまおうと背中を押してくれた理由の一つ。
b0140724_35613.jpg


仕事のことや家のことを考えると、この年齢で語学留学は無理かなと諦めちゃうけれど、
短期だったら大丈夫かしら…と、今回はやや真剣に考えました。
たぶん、留学なんてのはただの言い訳で、独りになりたいだけなのかも。

b0140724_422845.jpg

今回は、ボローニャとラヴェンナがメインでした。
ラヴェンナはモザイクの教会群が有名で、一度行ってみたかったのです。
写真を見たら、予想以上に色がはっきり出ていて嬉しかったりホッとしたり。

さて、この時差ボケを週末で直せるのか少々不安です。
全然眠くならないんですけど(涙)
[PR]



by misacotravel | 2009-09-12 04:07 | 旅行

京都散歩

路面電車を満喫できるから嵐山鉄道が良いよ、と友人に薦められ、四条大宮から乗車。
行き先を特に決めてなかったんだけど、地図を持たずに歩ける嵐山・嵯峨野へ。

雨が降ったりやんだり、時折強く降ったり…で、何枚か撮ったあと、雨の様子を見ようとランチにしてしまいました。

b0140724_17481918.jpg

なぜか鯛茶漬け。通り沿いにあった小洒落たお店の評判メニューのようでした。
友人にこのあと「何故京都で鯛茶漬け?」と聞かれたけど、美味しそうだったんだもん。
b0140724_17494184.jpg


渡月橋も渡り、引き返して嵯峨野方面に足を伸ばしかけ、雨の凄まじさに負けて駅に引き返しました。
b0140724_17582645.jpg

b0140724_1758455.jpg



次は太秦広隆寺駅で降りて、広隆寺へ。
のほほんと通り過ぎて映画村へ向かっちゃう所だったのだけど、国宝第1号のポスターが微笑んでらっしゃった。
あああああっ!広隆寺じゃんーーー。
拝観料700円払って、弥勒菩薩半跏像を見学させていただく。
やっと会えたね、弥勒様。って気分だった。
子供の頃、「日出る処の天子」とか「隠された十字架」とかが好きだったナマイキなおマセさんだった私には、一種の感慨がありました。

私はずっとキリスト教で育ったので、宗教的な感覚から行けば仏教はワケワカラン所にあります。
でも信仰の対象となるものの持つ神秘的な魅力には、宗教関係なく感動いたしました。
美しかったです、弥勒様。

この日は特別拝観も出来たので、桂宮院本堂も外から眺めました。
随分遠いところからしか見られない割に200円か…って思ってしまった。しかも屋外なのに写真撮影禁止。
でも八角堂ってだけで胸がトキメク。

広隆寺ですっかりエンジョイしてしまったので、慌てて映画村へGO!
なのにまた途中の神社に引っかかってしまった。
b0140724_18304587.jpg

b0140724_1831526.jpg

どうやら秦河勝の関係の神社らしいです。
太秦って地名も、秦氏の拠点からついた名称だそうですね。すごい。

この後は、西院で友人行きつけの飲み屋で乾杯。
2週間前に東京で会ったよね、と笑いながら、京都の美味を堪能しました。
また遊びに行こうっと。
[PR]



by misacotravel | 2009-05-27 18:39 | 旅行

更新はなりゆきまかせ
by misacotravel
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

旅行
お散歩
美味しいもの
ひとりごと
ワークショップ
自己紹介

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧